印鑑とは

印鑑と聞いて何を思い浮かべますか。多くの人が、それがハンコであると認識しているに違いありません。しかしながら、本来の印鑑という言葉の意味について勘違いをしていることに気づいていないのではないでしょうか。というのも、印鑑という言葉の正しい意味は、その漢字が示している通り「鑑」つまり印を写したもので、具体的にはハンコを押して写された文字や形のことを指しているのです。したがって、わたしたちがハンコ=印鑑といったニュアンスで使っているのは、正確にいうと間違っているということになります。本来ハンコをあらわす言葉には「印章」というものがありますが、これはハンコに彫られた文字や形の部分を指しており、職人の手によって印鑑が正しく写されるように左右反転に彫られています。

「ハンコ下さい」ということを「印鑑を下さい」と表現するのが、わたしたちの中では一般的になっているため、たとえ厳密に印鑑がハンコと同意義ではないにしても、暗黙の了解で印鑑という言葉が浸透しているのは事実です。実際に、ほとんどのハンコ・印章店が、その言葉の違いをもちろんわかっていながらも、一般的見解にあわせてハンコ=印鑑として言葉を使用しています。

したがって、印鑑という言葉は、印章やハンコという言葉とは本来の意味を分ち合いながらも、ほぼ同意義語として浸透しているため、今さら「本当は違う意味だ」といって訂正することは不可能に近いでしょう。ただ、ひとつの豆知識として、印鑑の本当の言葉の使い方を知っておくのもよいのではないでしょうか。

[注目サイト]
ネットで印鑑を購入の際はこちらの通販サイトが便利です ⇒ ⇒ 印鑑 通販